オリジナリティを追求した住まい!理想のデザイン住宅を実現するためのコツと基本を解説

住友林業サイトでは、木材を生かしたデザインを得意としており300年以上木と向き合い木のもつ、心と体のリラックス効果や不思議な力に大きな可能性を独自の視点で研究しています。
暖かみのある家のデザインが得意です。
自由設計にこだわるなら積水ハウスのサイトです。
トップクリエイター集団、チーフアーキテクトなどの専任スタッフを全国に配置し依頼者一人一人に応じた快適な家づくりをモットーとしています。
シンプル、シンプルモダンのデザイン住宅ならヘーベルハウスです。
耐久性とデザインの調和が強みです。

オリジナリティを追求した住まい!理想のデザイン住宅を実現するためのコツと基本を解説

基本的にどんなデザイン住宅の種類があるのかを知る必要があります。
種類を知った上でテイストやコンセプトを明確にし、伝えることが大事です。
すべての住宅会社が、デザイン住宅に得意というわけではないのでデザインに強い会社を見極めるにはその会社の建築事例をたくさん見て相性の良さそうな会社を選択することです。
3Dや模型で再現してもらうと、より具体的なオリジナリティを固めることができます。
単純に和風・洋風・シンプル・欧風テイストで決めるのではなく、モダンにするのか?装飾を加えるのか?デザインの足し算、引き算を計算することによって、周囲の環境との調和も考えながら住む人の個性を生かした、家づくりを目指せます。

デザイン住宅と一般的な注文住宅の違い

一般的な注文住宅の特徴は、間取りや設備の配置を施主自身が自由に決めている点にあります。
一方でデザイン住宅の場合には、建物の外観や内部の細かい部分のインテリアなどにも強いこだわりが見られます。
そのために独自設計のデザイン住宅の場合には、一級建築士に加えてインテリアコーディネーターなどのスペシャリストへの依存度が高まります。
更にプランの段階で時間がかかるので、完成までに2年以上必要になるケースも珍しくないです。
そして注文住宅であってもデザイン住宅であっても、施主と施工会社のコミュニケーションが重要です。
お互いに積極的に意見交換をすると、耐震性にも優れていて快適に暮らせる住まいを実現できるからです。
外観にもこだわって家づくりを進める上では、利用する塗料にもこだわる必要があります。
設計段階でカラーシミュレーションを行うと、お洒落な外観のデザイン住宅になります。
またエクステリアとの一体感も考えると、バランスの取れた住まいにすることができます。

デザイン住宅の建築に必要な一般的な工期

一般的な住宅を建築するために必要な工期は、時期や住宅の規模にもよりますが半年程度必要となります。
天候やその他建材の納品状況でこれらは変更されることもありますし、もっと短くて可能なケースも存在します。
デザイン住宅を建てたい場合には、これにプラスしてデザインをする時間が必要です。
人気のデザイナーになると、仕事が立て込んでいたりしてその分長く言い渡されることもあります。
そのため、ここまでに完成させたいという時期が決まっているのであれば余裕をもってオファーをするのが重要です。
デザイン住宅を作るためにも、一般的な住宅よりもこだわったものを作るならそれだけ時間がかかることもあります。
例えば、コンクリートでつくったりといった風に手間のかかる部位が多かったりすると工期が伸びるケースが多いです。
住み始める時期に明確な要望がある場合には、かなり余裕をもって打ち合わせを始めると何かトラブルが発生した時にも安心です。

建築家のセンスがポイントになるデザイン住宅

デザイン住宅を建てる時にポイントになるのが建築家です。
誰が建てたのか?その建築物の特徴はなにかということは、人それぞれこだわりがあるのです。
そのため、建築家のセンスが大きく反映されることになります。
人それぞれにどんな風に家を建てたいのか希望がありますね。
決して安い買い物ではありません。
納得いくようなデザイン住宅を購入したいと思うのは当然です。
しかしながら、それが自分のセンスと異なっていたらどうでしょうか。
これから先長く住み続ける家だけに、何となく納得がいかないということもあるかもしれません。
そのような状況を避けるためには、建築家の実績をチェックすることも大切です。
どんな家を建ててきたのか?という特徴をつかみ、ここはこんな風にしてほしいと要望を出していくのです。
良いところやアドバイスは専門家から十分に受け、あとは自分たちの要望もしっかり伝えて希望通りのデザイン住宅を作り上げていくというのが大切です。

家族のライフスタイルにも合わせやすいデザイン住宅

理想の住宅は暮らす人によって変わり、それはライフスタイルから受ける影響が大きいです。
理想の住宅を手に入れるためには、理想を存分に反映できるデザイン住宅がお勧めです。
デザイン住宅なら、家族のライフスタイルに合わせて設計することが可能です。
そこで暮らす人一人一人を尊重した住宅を作ることが出来ます。
例えば、家族と一口に言っても人数には開きがあります。
夫婦二人で暮らしている家庭と子だくさんの家庭とでは生活の仕方にも違いがあり、そこから生まれてくる理想も決して同じではありません。
また、子供の成長によって住宅の役割も違ってきます。
子供から大人になっていく過程で求められるものや、大人になってから独立していくまでの期間で同じ理想が存在していることは稀なケースでしょう。
更に子供たちが巣立って行った後の生活の充実も、住宅が担う大切な役割です。
デザイン住宅には、それらを十分に反映した家にすることが出来るという魅力があります。

著者:土田辰也

筆者プロフィール

青森県青森市生まれ。
納得できる家づくりのために、デザイン住宅の工期や費用について執筆しています。
青森 デザイン住宅